冬景色・鏤めた宝石のように

雪景色に覆われている中で、ある凍てついた早朝のこと、昇り始めた朝日が凍った雪面に光があたり、
まるでプリズムのようにキラキラと、あたり一面に反射して輝く様子を花火で表現しました。